Circulation of life - 「工房まる」展

Circulation of life – 「工房まる」展

Circulation of life 「工房まる」展
2015年4月14日(火)〜6月6日(土)
ギャラリーグリーン 特定非営利活動法人リベルテ(スタジオライト内)
長野県上田市中央4丁目7-23 http://npo-liberte.org
10:00 -16:00 (日・月曜日定休)

この度、ギャラリーグリーンでは福岡県で事業を展開する特定非営利活動法人まるの障害福祉サービス事業「工房まる」でつくられている商品の展示販売を企画します。

maru_a_web
生活雑貨をつくるアトリエとしての「工房まる」。
障がいのある人もない人も一緒に「いる」ことができる地域生活の場としての「工房まる」。
アートとケアが交差し生活の中に立ち現れる「場」としての「工房まる」。
「生活の循環」と、日々の「生活の中のmaru」というコンセプトで工房まるの雑貨や取り組みを紹介します。
自分のお気に入りとして、思わず「○」としたくなるようなものや「maruの哲学」にあるような「ひとりひとり、いろいろで、まる」という障害のある人の手作りのプロダクトがつくり手から消費者へ生活の中で循環し、差異をも共感や肯定していく思想を、工房まるのアートワークを通じて届けることができたら幸いです。

About 特定非営利活動法人まる 工房まる
1997年に福祉作業所として開所。現在は、障害のある約30名のメンバーが、2つのアトリエを拠点に創作を中心に活動している。カフェや美容院など、日常に在る場所とコラボする作品展やイベントを企画。様々な人々と「時間」や「空間」といった”間”を共有することで、障害の有無にある”あいだ”をぼかしていく仕掛けを行う。オリジナルグッズの制作をはじめ、Tシャツなど企業とのコラボ商品も多く、イラストの起用も多岐にわたる。

URL http://maruworks.org/


また本事業は今年度、“福祉のデザインとアートで障がい者の「しごと」を考える事業”という位置付けでギャラリーグリーンを使い計4回の企画のひとつになります。
本企画に合わせてトークイベントも行います。

福祉のデザインとアートで障がい者の「しごと」を考えるトーク
【Topic provides ①】「工房まるの日々」


場所 BOOK & CAFE NABO. 長野県上田市中央2-14-31
会期 2015年6月6日(土) 18:00〜20:00
工房まるのアートワークや取り組みとその背景にあるアトリエで日々生まれるストーリーを紹介していただきます。
スピーカー 池永健介氏(NPO法人まる 工房まる主任)
2007年より工房まるに勤務。展示会やイベント、およびグッズの企画を主に、作品管理や権利関係の整備、工賃の体系などの仕組みづくりを担当。現在も試行錯誤が続いている。

maru_b_web
本事業は、平成27年度長野県地域発元気づくり支援金活用事業に申請を予定しています。
申請が決定後、改めてNPO法人リベルテのFACEBOOKページの方でアナウンスさせて頂きます。

お問い合せ先
特定非営利活動法人リベルテ
TEL 0268-75-7883
MAIL mail☆liberate.org(☆を半角@マークにかえてメールの宛先にしてください。)