福祉のデザインとアートで障がいのある人の「しごと」を考える連続ワークショップと、障がいのある人が福祉サービスや支援について知る4日間

福祉のデザインとアートで障がいのある人の「しごと」を考える連続ワークショップと、障がいのある人が福祉サービスや支援について知る4日間

この度、ギャラリーグリーンでは、アトリエキノ(社会福祉法人森と木)、OIDEYOハウス、風の工房(共に社会福祉法人かりがね福祉会祉会)によるワークショップと、橋詰正氏(上小地域障害者自立生活支援センター 基幹相談支援センター ウィング)と向後泰雄氏(上小圏域障害者就業・生活支援センター シェイク)を迎えた障がいのある人が「働く」ための支援についての説明会を開催します。

www_omote
『福祉のデザインとアートで障がいのある人の「しごと」を考える連続ワークショップと、障がいのある人が福祉サービスや支援について知る4日間』

3つのワークショップと1つのトークイベントを開催する一週間。
長野市のアトリエキノのオリジナルグッズ「ろう引き封筒」。
上田市の風の工房、OIDEYOハウスはそれぞれカッティングシートを使ったオリジナルグッズづくり。
それぞれのスタッフが講師となってワークショップを行います。
土曜日には障がい福祉サービスの使い方や、障がいのある方が就労するまでの支援や仕組みなどをご紹介致します。
それぞれ参加費は無料となっています。
ワークショップは定員がござますので、お早めにお申し込み下さい!

ワークショップ
各回、定員10名(要予約)
参加費無料
※当ページのチラシ裏の申し込み用紙をダンロードしてFAXするか、メール、電話にてお申し込み下さい。
※定員に達した場合、別日のワークショップへのご案内やお断りすることもありますので、ご了承下さい。

2015年11月10日(火) 16:30-17:30
day1//「ろう引きふうとうをつくろう」
社会福祉法人森と木 アトリエキノ スタッフ

2015年11月11日(水) 16:30-17:30
day2//「MAGU MAGU sea-ru world」
社会福祉法人かりがね福祉会 風の工房 スタッフ

2015年11月13日(木) 16:30-17:30
day2//「雷カードケースづくり」
社会福祉法人かりがね福祉会 OIDEYOハウス スタッフ

2015年11月14日(土) 17:30-19:00
day4//「トークイベント」
第1部 17:45-18:15
「障がい者福祉サービスはどうやったら利用できる?」
上小地域障害者自立生活支援センター 基幹相談支援センター ウィング 所長 橋詰 正 氏
第2部 18:15-18:45
「障がいのある人が働くためにどんな支援を利用できる?」
上小圏域障害者就業・生活支援センター シェイク センター長 向後 泰雄 氏

主催 特定非営利活動法人リベルテ
助成 平成27年度長野県発元気づくり支援金活用事業
お問い合わせ先 0268-75-7883(担当:武捨)

www_ura